過去の大会記録 -record-

2016年大会 プレゼンター紹介

2016年10月16日に2016年大会が開催されまます。
6月に行われた予選会で8名のプレゼンターを選出し、本戦出場者が決定しました!

榎本 彩花
榎本 彩花 MADE in JAPAN100 店長


外薗 明博
外薗 明博 一般社団法人メキキの会事務局
一般社団法人志教育プロジェクト事務局長補佐/志教育公認講師
眞鍋 豊洋
眞鍋 豊洋 ホームドクター株式会社
建築・不動産コンサルタント

赤澤 正純
赤澤 正純 東京大学大学院民間共同研修員
NPO法人サークルズ理事長

奥村 宗弘
奥村 宗弘 株式会社サムライヴィジョン
代表取締役社長
荒井 正行
荒井 正行 株式会社京都光林堂
代表取締役
西脇 賢匡
西脇 賢匡 株式会社NewWest
代表取締役社長
村上 賢太
村上 賢太 株式会社アトムストーリー
代表取締役/ストーリープランナー

2015年大会 プレゼンター紹介

2015年10月11日に2015年大会が開催されました。
7月に行われた予選会で出場者26名から8名のプレゼンターを選出し、本戦出場者が決定しました!

選ばれた8名は1000人の観客にで何を語りかけるのか?
7月の予選から3ヶ月間、人生をかけて全力で志を探求し、プレゼンを磨き上げ、本戦に臨みました!

久保 比登美
久保 比登美 一般社団法人 おもてなし講座

大八木 潤
大八木 潤 夢が叶う場・ドリサラ

本田 雅之
本田 雅之 派遣から若者の輝く未来を創造します/人材派遣会社
佐瑠女 みか
佐瑠女 みか ブレイクスルーミュージカル
「MY GIFT」
宮下 雅俊
宮下 雅俊 世界初!指圧を研究する会社
株式会社日本指圧研究所
坂本 剛
坂本 剛 ストレートカイロプラティックで
健康難民救済
和田 登美子
和田 登美子 「真おばんざい塾」お料理教室
(株)わだかつ
柚木 望
柚木 望 ネットワークビジネス
「タヒチアンノニの産業革命」

決勝戦

8名の出場者の中から大八木潤さん、本田雅之さん、宮下雅俊さんの3名が決勝戦に進出し、5分間のフリープレゼンテーションを行いました。
審査員と会場審査の結果、宮下雅俊さんが見事優勝を飾られました!

宮下 雅俊
優勝:宮下 雅俊(株式会社 日本指圧研究所)
「指圧という日本の素晴らしい技術、文化を広め、未来に残すためには、世界に発信する人間を増やす必要がある」
大会に向けて志を探求する中、1000人の前で自分が指圧を語る資格があるのかと感じました。家族、志ビジネスの仲間から様々な応援を受けましたが、自分の中の恐れは拭えませんでした。
そこで日本指圧専門学校の石塚校長に自分の志を語り、大会に招待することで、覚悟を決めて臨みました。
優勝後、同業者の方から応援を頂き、指圧の受講生が私以上に積極的に指圧を広めようと、志から関わってくれるようになったのは何よりの喜びです。
『志をあらわせば天が動く』そんな体験をしております。



参加者の声

参加者 その1
参加者:松村 聖さん 商品やサービス内容もさる事ながらプレゼンターの生き様から一直線に到達した志を表したビジネスは『信頼できる、聞いてみたい』と思える! こんなアプローチが有る事に驚きました。
シャッター街で昔の賑わいを取り戻そうと全てを地域に捧げている友人がいます。
全国のそんな思いの人達がこの場でプレゼン出来たらと思い繋げる思いで入会しました。
参加者 その2
参加者:梨木 操さん こんなにも個々の志を尊重し、さらに良くする為に全員が本気で関わってくれるのかと人たちが居ることに驚愕しました。
私は、自分のビジネスの目的を真剣に考える機会となり人生に革命が起きました。
志で繋がった同志達は私の財産です。私はそんなみんなが大好きです。



2014年大会 プレゼンター紹介

第2回全国志プレゼンテーション大会はファイナリストの佐々木未穗さん、山﨑 恵さん、小川 清美さんの決勝プレゼンの末、佐々木未穗さんが見事優勝しました!
ファイナリストの皆様に、プレゼン大会に出場してビジネスがどのように発展したか、お話を伺いました。

佐々木 未穂
優勝:佐々木 未穂(パズルイングリッシュ協会代表)
プレゼン大会に参加して、英語の先生を作る事業を開始しました。夢が叶ったのです。志を語ることで、自分の言葉が自分そのものであること、言葉がパワーであることを体験しました。人生はプレゼントです。
ちっぽけだとおもっていた自分、それは本当の自分ではないと発見したときにエキサイティングな人生が始まりました。プレゼンターの方には、沢山の時間とエネルギーを注いで欲しいと思います。きっと奇跡が起きるはずです。

山﨑 恵
ファイナリスト 山﨑 恵 株式会社Capybara ママ職代表
「あなたは本当にそれを志すのか?」そう問われ続けた大会までの毎日でした。自分、クライアント、そして社会への覚悟。それを自分の人生をかけて表現し、コミットする場でした。あれから事業が非凡に動き出しているのはあの日あの時あの場に立てたから。プレゼンタ―の方には、全くの妥協を許さず、磨いて磨いて最高の人生のステージを作り上げていただきたいです。その先には必ず次のステージへの飛躍が待っています。みなさんの人生が花開き、志に覚悟する姿を見られることが今から楽しみです!
小川 清美
ファイナリスト 小川 清美 命喜ぶプロジェクト トライム代表
当初、この大会は私には無縁のものと思っていました。でも推薦を受け、多数の方の協力、応援のお陰で予選、本戦と進み、ファイナリストに選ばれていました。この経験でチャレンジすることと志の重さを学びました。私の小さな志が大勢の方の共感を得て活動も広がりつつあります。この大会は、手の届くところにあるチャンスです。
このチャンスには完ぺきなサポートが付き、よき出会いが待っています。今年は貴方のために用意されています。



2013年大会 プレゼンター紹介

第1回全国志プレゼンテーション大会にて京都藩の代表で出場され、強豪の中から見事!優勝された ティーズコーポレーション代表取締役 大橋智夫さんのご紹介と優勝をきっかけに大橋さんの起こった変化についてお聞きしました。

大橋 智夫
優勝:大橋 智夫
1. 全国志プレゼンデーション大会優勝前と後で、ビジネスとして変わったこと
京都藩の代表として大会に出場が決まってから 練習、練習、また練習という感じで、時間を見つけて練習しました。 京都藩の集まれるメンバーが駆けつけ 私のプレゼンを真剣に聞きいてくれ 優勝を本気で信じてフィードバックしてくれました。
練習→フィードバック→修正→練習→フィードバック→修正→・・・・・・・
繰り返しているうちにプレゼンの贅肉が削ぎ落とされ、磨かれていくことで 自分のビジネスが整理されより体系化することが出来たと感じます。
志プレゼンテーションが私の今後のビジネスに大きな影響を与えていることは確かです。

2. 全国志プレゼンテーション大会に参加して自分自身の変化についてなにか感じますか
優勝をきっかけに京都藩のメンバーが中心となって 優勝祝賀会を開いてくれました。
このみんなの愛を感じた時、私は地球に愛を返すことを心に決めました。
そして、地球を平和な星にするため世界中の平和を祈る場所に水琴を設置していくプロジェクト立ち上げ、 その志に賛同する勇士たちで実行委員会を設立されました。そうすると応援する人と次々とつながり始め現在、ニューヨークの国連本部に設置する計画が進んでいます。
志から人とつながる大切さと同時に感謝の気持ちを感じている自分に気付きました。

3. これから挑まれる方へのアドバイスと応援の言葉
このプレゼン大会と普通のプレゼン大会との絶対的な大きな違いは「志」です。
自分のビジネスがあなたに どれだけメリットがあるのか どれだけ幸せにするのかを 「志」を通して伝えるという難しさです。 これほど自分を問われるプレゼン大会は他にないと思います。
しかし、怖がることも、心配することは何もありません!
地球の愛を感じて、高周波なプレゼンを目指して頑張ってください!

大会開催日

【開催日:2017年10月15(日)】